店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 謹賀新年 2015 | main | 5人いたら、いいのに。 >>
出発点であること
東京スコーンというブランド、そしてお店は、「出発する」というところから始まったと言える。あたらしい人生を送ろうと思ったとき、その当時自分自身の手で創れるものがスコーンだった。スコーンづくりを通じて自分とはどんなものなのか。そう、スコーンづくりは単に自分への投影程度で始めたことだった。

それがどういうわけか、お店を持つことになって、すでに4年。

飲食店経営。菓子製造業経営。とくに経験もなかったのをカンで乗り越えてきた。

しかし「出発する」という考え方は、お店づくりすべてに、無意識に一貫して行ってたことだった。

 ★ ★ ★

そもそも東京スコーンは、スコーンの最終形ではなく、出発点としての内容だ。高級品でもなければ特化したものでもない。「最低限、このくらいの程度のものを作ったらどうだ」という、すべての基準点を示すものであろうと思っている。

紅茶のセレクト方針も、おいしい紅茶とはどんなものなのかを、ファーストインプレッションでしっかり印象付けることに重きを置いている。ひとつの香りがしっかりとわかりやすいもの。苦味や渋味など人が基本的に「イヤだな」と感じる味のないクリアさであること。そしてスコーンの味を阻害しないこと(雑味はすべての味の阻害要因なので、クリアさを求めることはほかの食べ物との好バランスを生むのは言うまでもないのだが)。ということで、うちでは紅茶の最高ランクものなんてのはないし、置く気などさらさらない。

お店も自分の手で仕方なく作ったことではあったが、何もないところから出発するという点ではまさにフルハンドメイドの思想はぴったりだったと思う。とってもいやだったけれど。

 ★ ★ ★

イベントも「出発する」という考え方が、常についていたように思う。

たとえばコーヒーのイベントは、コーヒー好きたちが何を出発点としてそれを楽しむのがいいのか、ということを探そうという構成を目指している。わかってるようでわかってないテーマだから、特定の人の思想に傾倒していくのではなく、かかわる人すべてに自分の持ち味を自由に表現してもらって、そこにある共通した普遍性を出発点として見出して欲しい、という思いを込めている。だからみんなで淹れ、飲み、テストし、結果を共有している。

勝手にワークショップは、講師ありきのイベントではない。仲間内でなにかをやりたいとき、たとえば新しい刺繍の勉強会や、食べてみたいとおもったものの食べ比べ会に利用してくれる人がいる。どこかの作家を講師に招くようなものは、むしろ少ない(本当は作家さんが主催する会の場になれたら、と思ったのだが、むしろ皆無である)。

 ★ ★ ★

経営としての出発点は、なんだろうか。いろいろな「目論見違い」を確認するには、「都会のフリした過疎地」というロケーションは、絶好の場所での営業だったのかもしれない(笑)。ゆえに経営は最終段階を迎えていて、ことし中にひと段落をつけようと思い、動いている。

東京スコーンにくるお客さんたちも、出発点に立つ人が、ほんとうにたくさんいらっしゃった。出産、結婚、転職、転勤。なんらかの転機が訪れる人たちが多かった。そしていい常連さんの多くが、笑顔とともにお店を離れていった(涙)。

 ★ ★ ★

自分が「やってみよう」か「やるしかない」と始めたブランドでお店がスタートした。それが、人が「やってみよう」「楽しんでみよう」と思うことを気軽にやってみる場につながっていった。そういうつもりはなかったが、スコーン作りの原点は「やってみよう」というような思いから始まっていて、それは店の「運営」の基本方針にいつのまにかなっていった。

人は無目的的に動いているようで、一貫して何かを求めて毎日をそれぞれが生き継いで行っている。そんな何かをつまみあげ、「出発点」としてプッシュする場になれたら、カフェを訪れる人たちももう少し楽しみというものが増えるのではないか、と哲学的なことを思ってしまう、きょうこの頃。

でも、出発点として、カフェのようなお店が貢献するならば、おもしろいのではないか、と最近は思う。