店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 直近の東京スコーン | main | 益子陶器市、サンクス(2013/5/4 >>
ちょっと仲良くなった友達の家に行くようなもの
東京スコーンとのつきあい方。

いや、お店との付き合い方、だろうか。

「ちょっと仲良くなりかけた友達の家に遊びに行く」

東京スコーンを利用するときに、
こんなふうに思っていただければ、
ほとんどのことがみんなにとってしっくりくるのかな、
と思います。

ちょっと仲良くなりかけの友達に、
あなたはどんな態度で接しますか?

これは東京スコーンに対してだけではなく、
ほかのカフェなど、
とくに個人でお店をしているところすべてに「使える」感覚なんじゃないかな。

画一的なものではない何かを持ってる、
提供しているところに行くのは、
自分の中の小さなワクワクを満たす楽しみに満ちているはず。
知らない人のお店に足を踏み入れる勇気も必要だけど、
そのとき、
「ちょっと仲良くなりかけた友達の家に遊びに行く」
という感覚でお店を訪れてみたら、どうなんだろう。

「その友達」の表情は、何かの拍子にかわっていくでしょう。
この見方も、もしかしたらどのくらいもつかは、わからない。

だけど、いま。今は、
「ちょっと仲良くなりかけた友達の家に遊びに行く」
がぴったりだと思っています。

東京スコーンの大方針。