店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 取材コード | main | 陶器市期間中のヒジノワ出店、ありがとう >>
工事1周年

去年の今日、店舗工事にとりかかった。
正面のシャッターは、ガラスが入った今の客席の壁の部分。左端が、今のお店の入口です。

工事見積もりがあまりにも高くて、誰も助けてくれる人がいなくて(厳密にはいましたが孤独感強くて)、仕方なく「自分がやるしかない!」と決めて始めた工事。

最初の作業は、床に張り付いていたイケてないPタイルをはがすことでした。

写真のとおり、なーーーーんにもないところで。

専門知識がないから少しずつの作業。いちおう設計図あったけど、実際に現場でやってるとほとんどそんなの無視でやらないといけないなっていう状態だった。

この日から、毎日毎日。おっと、やめておこう。これ以上書くと、イケナイ方向に行きそうだ(って、行ってしまったから文を削除したんだけど)。

工事は、いまだおわらず。
っていうか、もう工事に興味がないからなかなかすすまない。あとは外溝の煉瓦を積むのと、キッチンの収納スペースをもうちょっと増やすこと。

来客数が増えたら、イートインスペースを増やす工事もできるけど、それは遠い先(?)のような気がするが、工事をする機会がそもそもあるか、わからんね。

でも、このあと、20人以上の人たちが手伝ってくれた。
そんな人達の協力がなかったら、お店は4か月でオープンできなかったともいえる。

工事ヘルプ、感謝、でした。