店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 今年の門松(2011/12/27 | main | 工事1周年 >>
取材コード
いまさらですが、以下の条件をすべて満たしてください。ただし、満たしていただいたからといって取材に100%応じられるものでもありません。何らかのタイミングが悪かったり、こちらの意図しない方向性があったりということもありえます。その点ご了承いただいたうえで、お問い合わせいただければ幸いです。

1.東京スコーンのスコーンを食べて気に入ってること

  あたりまえですが「紹介したい!」と思える何か
  感動があったからの紹介だと思います。
  それがちゃんとわかるように
  説明をしてくださいね。
  こちらもせっかくの営業機会を
  つぶして対応するのです。
  何も調べず、知らず、ただ「取材させてくれ」なんて、
  許さないですよ。ばかにするなってかんじです。

2.記事の内容は、どういったものかを
  ちゃんと事前に文書化して説明すること。
 1)企画名
    当たり前ですが、プランがあるから記事になるわけで。
 2)紹介する際のコンセプト・方法
    「写真2点と200字程度で説明したい」というような
    「料理写真を数枚撮らせてほしい」というような
 3)掲載・放送予定日
    「そのうち」というのは困ります。こっちも紹介
    されることをお客さんに伝えたいのです

3.どこのだれが取材に来るのですか?
 0)名刺
    当たり前というか、自分たちのビジネスをするなら
    担当者は名刺を置いて行ってください。
 1)企画責任者氏名 編集責任者氏名
    こちらから問い合わせするときに誰が担当か
    はっきりさせてください。
 2)連絡先・問い合わせ先を明らかにする
    A)現場担当者の携帯電話番号・メールアドレス
    B)編集責任者の住所・電話番号・メールアドレス
 3)取材希望日
    最低2つはほしいところです

4.取材時のあたりまえのことについて
 1)撮影に使われた料理はすべて有料です
   提供は一切ありません。
   ひとつひとつ手作りしてますので、無駄が出ることは、
   いやなのです。
   無料で使わせてくれ、みたいなことをおねだりする取材は、おことわりします。また、そういったやりとりがあったことは、しょうがなくブログにて報告することにしていますので、あらかじめご了承ください。

 2)撮影のために備品を移動した場合、
   元に戻してください。

 3)っていうか、備品の移動や撮影箇所については
   事前に相談していただくことが
   あたりまえのことだと思います。

東京スコーンは自己の情報を自己がコントロールする権利を有していることから、自己の承諾なしに、氏名・住所・職業・顔写真等自己のプライバシーに属する報道をされない権利を有します。また他者に誤認を生じるような報道をされない権利を有します。