店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< しょうがなく、チラシコード | main | ぷちコラム >>
for hisako
tokyoscone's co-founder hisako muto past away in Nov.17th, 2011.
i showed up her funeral on today to say "see you next age."

スクールの講師をやってたとき、その生徒さんだった。
押上店舗の工事を、その生徒仲間と一緒にきて手伝ってくれた。
病だったのは、知っていた。
だからこそ、普通に扱った。
工事がいまだに完成しないのは、何かにつけて手伝ってもらおうって思ってたから。
何か目標があれば、命が長引くんじゃないかって思ってた。
ばかみたい。

塗ってくれたところを見て。
斎場でヘルプ仲間と再会して、店に帰ってきて、「書いて残しておこう」っていろいろ思い出してたら、泣いちゃった。
今回のは効いたわ。

店を立ち上げるとき、
自分が困ってる時、
助けに来てくれた恩人だったからね。

あばら骨折ったときも、いいお医者さん紹介してもらったしなあ。

別れ。

涙は一番似合わない。

それだけ生きてるなあって思わせる毎日を送ってた人には、笑顔で送ってやらなきゃね。
笑顔で「おつとめごくろうさま」って云えて、よかった。
しかし、帰ってきたら、涙が出た。しまった。やられたぜ。

別れはほんの一瞬さ。

ありがとう。
あなたのおかげで、東京スコーンはできました。

だから、いっぱいお客さん連れてきてください(笑

また会おう。