店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 粋な別れをしよーぜ | main | for hisako >>
しょうがなく、チラシコード
チラシ置いてほしい人は、これをまず見てくださいね。持ってきたとき、この記事を見たか聞きます。すべて条件に合致してれば、必要なところはプレゼンしていただきます。

1.自己紹介をしようぜ
 どこの何者なのか。
 1)団体なら団体名。
 2)代表者氏名。チラシ持ってきた人の氏名
 *要は、個人の連絡先示した名刺出せってことです。

2.おいてもらいたいチラシの趣旨説明
 1)5W1H(what,where,when,why,whos&how)
 2)期間が過ぎたら回収や報告しにくるのか?
 *要はわかってもらいたいなら
  それなりに準備しろってことです。
 
3.東京スコーンのブランドイメージとその企画がどう一致するのか
  または、戦略性とどう一致するのか。
  very important。これが説明できなければ置きません。

4.まちづくり系なら、その経済効果
  資料を示しましょう。
  このイベントをやることによって、
  どういった効果を求め(数値示してください)、
  そしてそれはうちにとって
  どういったメリットを与えるのか?
  ま、メリットなんてうちはどうでもいいんですけど。

無礼者が多いので、いちおうルール化。

会社や組織で働いてる人が見たら、
笑っちゃうでしょ?


お願いしっぱなし。
イベント終わったらお礼も言いに来ない。
自分のことばかりで東京スコーンの宣伝もショップカードも自ら持っていこうなんて言い出さない。
置くのはかまわないけど、企画の説明もちゃんとできないし礼儀わきまえない同じ穴のムジナとうちが思われてしまうのは、ちといやなので、ハードル設けます。

親しいからといって、チラシを置くということは、ありません。なれ合いとビジネスは違います。