店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 願い | main | やきとりの日のおたまじゃくし >>
東京カッピング会(2011/8/28)
スペシャルティーコーヒーの酸の特徴をオシャレに(?)テイストするカッピング会を昨日やりました。参加者増加!

にゃんぴーさん(「うちカフェ」の人気ブロガー)
Totoさん(浅草のコーヒーハンター)
Tokyotravelogueさん(東東京のカフェハンター・初参加!)
ナツキマスター・分館珈琲の樹

今回は4銘柄。農場は参加者特権。

・グアテマラ
・マラウイ
・ケニア
・ブラジル

初参加でカッピング初心者のTokyotravelogueさんには、最初の20分すする練習。まあまあいけるようになったのを確認してカッピング突入。今回、なぜかとんでもなくムズカシイ銘柄ばかりに(汗)。

しかし相変わらずおもしろ表現連発。

ワキ汗。。それは。。あ、感じる
カリソン。。。なんですか、それ?
太陽じゃないプラム。。?
子供の風邪薬で飲む方のやつ。ピンク色してるやつ。。

こういう表現が連発されると、「コーヒーって(汗)」になりそうなので、1銘柄ほど、カッピングノートを公開しますかね。

粉の状態は芳醇。赤ワインの要素。ブレーク前後でナッツ。ナチュラル仕上げのような独特の香。パッションフルーツも。やや焙煎臭。これがintenseに。マンデリンに近いフレーバーがフシギ。クレヨンとも。ボディ薄いか。しかし酸味がたくさんあってcomplexと。基本的にはパッションフルーツ。


酸の表現はどんぴしゃなものがなくて、たとえば上のノートでは

 ナチュラル
 クレヨン
 赤ワイン
 マンデリン

というのが、実はみんなが感じてる酸のひとつの核の部分を表現してるのです。それぞれの人がもつボキャブラリーで、ひとつの酸の特徴を挙げている。ホントのところでは、その「ひとつの核」も多面性の集合であるはずだから、それぞれがあげた表現はどこか当たってる。だからナチュラルと思っててもクレヨンと言われると、なんだかわかる気がするぞ、と。

のどごしでは感じることのできないコーヒーがひそかに持つ香味、酸の特徴。ポイントの高いものになればなるほど、表現がたくさんでてきます。カッピングは自分が持つ味覚を鍛える要素もあるので、コーヒーのチェックのみならず、味に関するさまざまな要素に活用できます。紅茶の香りやケーキの甘さの感じ方、出汁の深みを測るなどなど。

新しいコーヒーの楽しみ方、いや、「食」の楽しみ方です。

これも東京スコーンのコンセプト「伝統と革新の融合」なんですよ。

東京カッピング会、次回開催は未定ですが10日以内にやりたいです。1銘柄200円で実施。スペシャルティーコーヒーの持ち込み可能。参加者が「これためしたい!」となったらそれぞれに200円払います。すすり方練習したい人はうちの練習法でその日のうちにだいたいできるようになります。参加募集中