店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< ちょっとしたアトリエ状態 | main | 復興支援と、心境と >>
天真庵からやってきたガラス
古いガラスを窓にしよう、と探していたら、天真庵のマスターが「あるよ」と。
もってけ、もってけ、と言われていただいてきたのがこのガラス。

トイレのフィックス窓に使いました。
日の当たる時間は、ぼうっと光る感じ。
夜は外から見ると、望遠鏡でどこかの星雲をのぞいたか、のような光を放っています。
突貫工事で内装はいろいろとがちゃがちゃしていますが、この窓は例外。
ちゃんと作りました。で、結局アダチくんに枠作ってもらいましたが。

ひそかに、結構気に入ってたりします。