店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< カッピングの評価項目(2010/6/21) | main | カッピングの手順(2010/6/22) >>
カッピング評価でのポイント(2010/6/22)

カッピング評価は、
 A)粉の状態での香りについて
 B)お湯を入れたときに出る香りの変化について
 C)抽出が済んで酸味の特徴をはかることについて

と、大きくわけて3つの分野でそれぞれ評価をポイント化していきます。

 

 カッピングをやりはじめて、いきなりポイントを付けられるものなのか?というと、そう簡単にできるものではありません。まず、これだけのチェック項目を、ひとすすりでポイントができるか、ということは想像に難くないですし。すする技術でまず大変。そして、ボディを感じる経験をつむことが必要になります。まあ、100回カッピングをやったら、これらのポイント付けは意識しはじめてよい、と思っておけば妥当かな、と思います。ちなみにプロでは、7,8年かかるそうですが、これは世界の豆の味を知るための経験の積み重ね、という意味での7,8年ですから、基本的な銘柄をあてるのは、もっと短い、と思います。

さて、カッピングでの評価ポイントですが。

 

 

このコンテンツのつづきはこちらにて。

ゆるコーヒー会:スペシャルティコーヒーをテースティング!カッピング評価での注意するべきポイント
http://yourucoffee.com/post-295.html