店舗持ちをやめたスコーン専門店・東京スコーン店長の日々雑記
<< 東京スコーンのビジョン(2010/6/6) | main | カッピング評価でのポイント(2010/6/22) >>
カッピングの評価項目(2010/6/21)

コーヒーの酸の質を見極め、良いところをポイント化していこう、というカッピングの評価項目について、簡単にまとめておきます。今回はカッピングの本家・SCAAフォーマットで説明します。SCAJ式に馴染みがある人もいると思いますが、それは評価項目の英語を日本語に替え、かつポイントをつけるときの感覚を10点法ではなく8点法により簡素化させただけの違いです。簡素化させたといっても、大した変更ではないので、本家のスタイルをまず知っておくことに難はないと思います。

カッピングフォームは、こんなかんじです。 これはSCAA式です。

こちらがSCAJフォーマットです。

ポイントをつけていく項目は10項目。わたしたちはその最初の6項目に特に集中します。後半の4項目は、「どんな豆かわからない」という状況のときに集中する項目です。わたしたちはすでにスペシャルティーコーヒーをカッピングすることがわかっているので、この4項目は基本的に満点をつけるのが通常です。

 

このコンテンツのつづきはこちらにて。

ゆるコーヒー会:スペシャルティコーヒーのテースティング技術・カッピングの評価項目と自宅でやるポイント

 http://yourucoffee.com/post-283.html ‎